風茶屋
のんびり行きましょ、お茶でも飲んで。・・・と言いつつ、更新停滞中。すみませぬ。
プロフィール

小箱

Author:小箱
就職2年目の気まぐれ娘。
S県民になりました。

風茶屋のバナーです

風茶屋バナー byH×S塾長

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

仲良くして頂いてます♪

凛さん
美国日記(凛さん)

ももちぇさん
雲間からちゃっかりHACHIBEI
(ももちぇさん)

bobanさん
今日もロッベン・インパクト+
(bobanさん)

montaさん
御ニヤリ中毒(montaさん)

麻さん
ぐだぐだ日記(麻さん)

H×Sさん
魁!妄想塾(H×Sさん)

かずみさん
零れ落ちる花びら(かずみさん)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぶる。
びっくりしました。

何がびっくりしたって。
文庫本を買って読んだら、自分が以前ブログに書いたことがほぼ同じ内容で書かれてたこと。
昔の記事を読んでみたら記事内でリンクを貼るのが恥ずかしくなったので貼りませんが(笑)

「カボチャの種をまきました」のわらべ歌について、
私は「芽が出て膨らんで花が咲いてじゃんけんぽん!」だと思ってたのが、

「かぼちゃの種をまきました
 芽が出て 膨らんで
 花が咲いて 枯れちゃって
 忍法使って 空飛んで
 テレビの中から じゃんけんぽん!」

と電車で乗り合わせた子どもが歌ってたのに驚いた、みたいな記事です。

これが、加納朋子さんの「てるてるあした」の主人公(15歳)が考えたことに。
歌詞が一部違うことと、考えた結果の理由付けが地域差かジェネレーションギャップかという違いはありますが。そのまんま。


私は15歳と同レベルなのかどうか、というのはとりあえず冗談としておいて。(あんまり違うと否定できない自分・・・orz)

この本、いつだったかドラマ化されてたように思うんですが、私は映像化したものの原作は読まない(というより楽しんで読めない)ので見ませんでした。
想像して読む楽しさが半減しちゃうので。
浮かんでくる情景がリアルになりすぎて、それ以外の要素が入り込む余地が
なくなってしまうと言いますか。

人物像も演じた役者さんのイメージで固定されてしまうし、
文章に出てこない、例えば通りがかりの人や猫のような内容に関係ないけどそこに存在しているかもしれない人や物の可能性が、私の中では切り捨てられてしまう気がするんです。
まぁ通りがかりの人の重要度なんてほとんどないので、気分的な問題なんですけど(笑)

と言ってドラマや映画を否定する気もさらさらなくて、私だってドラマにハマることもあるし、映画見ながらボロ泣きすることもあります。
(感動系の映画には泣いても恥ずかしくないような、むしろ一緒に泣くような友達と行きます。笑)
ただ、「私は」映像と本は分けて楽しみたい派なので、読むと分かってる本の映像化作品はあえて見ないってだけです。
逆に本読んでから映画見るのも・・・
うーん、よほど思い入れがなければあんまりないかも。
せっかくの映画が物足りなく感じちゃうこともあるからなぁ。

えーと、話がそれましたが。

自分が体験したことが、よく読む作家の書いた本とかぶるって不思議で、ちょっと嬉しい感じがします。
その作家の視点とほんのちょーーっとだけ近くなった気になるし。
考えてみればブログ書いた時点ですでにその本は出ていた訳なので、両方読んだ人がいたら「パクリ?」って思われかねないけど。やばっ。

今日はそんな(どんな?)お話でした。
あ、たとえ小説と行動が被るにしても、殺人事件とかホラー辺りは勘弁してほしいなぁ。
この前思いついてクリスティの「そして誰もいなくなった」を読み直したんですが、
バカなことに夜更けに読んでたら寝付けなくなりまして。
気づいたときには遅かった・・・(笑)

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ばななんばななん②
えー、昨晩ももちぇさんより頂きました宿題です。
昨日の記事で、
どうしてそこにバナナが落ちていたかの経緯。

電車に乗る時間をフルに使って空想を大暴走させた結果、こんな形になりました。
妙に長いレポート(?)になってしまったのでこっちに載せてしまいます。

※アホです。何時間か使って考えた割りに

ものすんごい暴走アホ物語

です。それでも良い方のみ、お入りください。

なんかもうね、完全自己満足の記事です。載せちゃうけど(汗)




[READ MORE...]
ばななんばななん
ば・なぁな♪
っていう歌、知ってる人います?
妙に懐かしい歌なんですけど。なんだっけ。(コラ)

こんにちは。
都立図書館に行ったら月に2回の館内整理日にぶち当たりました。
無計画女王の小箱です。

日曜は開いてるはずなのに・・・!とか、
今日の星座占いで12位だったのはこのことか!!とか、悔しがってみても始まらず。
ちょっと脇の公園をぐるりと回って予備校に進路変更です。
そんなに離れてなくて良かった・・・!!

しかしこの公園、有栖川宮記念公園というそうですが、とっても良いところです。
東京のど真ん中とは思えない。
ちょっとした森(?)と湧き水、池があるんです。
森の中にはちょっとしたベンチがあって、今日は休日のためかギターを弾いてる方がいました。なんか絵になる光景♪
そして池にはなんとカモがいるんです。和みますよ~。
写真撮ろうと思ったのですが、なかなか近くに寄ってきてくれなくて断念。
また行く時にでもシャッターチャンス狙ってみようかな。
ここにしかない本があるからまた行かなきゃ・・・高くて買えないもん。
カモに会いに行くと思えばそんなにめんどくさくないかもですし。
(・・・ってシャレじゃないですよ?////)
それからこの辺りは外国人の方が多いので、何となく異国情緒的なものも味わえます。
花壇に囲まれてるこじんまりとしたカフェなんかがあって素敵です。
一度は入ってみたい、かも。
ヘタレなので多分絶対無理ですが(笑)




で、今日のちょっとした不思議。冒頭の歌はここからです。


道の真ん中に、バナナが半分落ちてた。


あの王道「道の真ん中にバナナの皮」じゃないんです。
「歩道の真ん中にバナナの半分(中身つき)」なんです。マジで。
これを私にどうしろとっ!?
試されてるのか?「さぁ、これを使ってボケてみろ!!ひーっひっひっひ!!」と神から与えられた試練なのか?待て、これじゃ魔女だ。・・・まぁいいか。

さて、結果は・・・



うん。ごめん。
前歩いてた人に習って通り過ぎてしまいました。
修行が足りないよ。まだまだだね。
ってジャンプの最近不思議な方向に進んでいるらしい某漫画か。
最近読んでないけど。

じゃなくて。ボケの神、いや魔女は私にどう反応してほしかったのか、考えてみましょうか。


①そこにあるおしゃれなカフェに向かって・・・シュート!!

や、お客さん外国の人ばっかりだから!!
怒られても何だか意味通じないから!!
「オゥ、ワタシエイゴワッカリマセーン♪」とか言っても火に油!
手前にいた恰幅よさげな男性に締め上げられると思われるので、却下!


②カフェに向かって「あら~、こんなところに私のブレックファーストが~♪」
と声をあげ、拾い上げて食べる。カタカナ英語で。


ちょっと待って!通じなかったらタダの可哀想な人だからっ!
「この子、食べ物ろくに食べれないほどビンボーなのかしら。
日本の貧富の差も拡がったわねぇ・・・」
とか、
哀れみの目で見られたらお終いだから!
体張る割りに危険が高すぎるので、却下!


ベタの変化球って感じです。自らヤケドを負いました。ぐすん。
っていうかなんでバナナの実ありなんですか。
ちゃんと最後まで食べないとバナナが可哀想です。
いいですか、現実問題、食べ物を粗末にしてはいけません。

シメだけ偉そうなこと言ってみる。ま、いいでないの。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

図書館の変事
こんにちは。
昨日だけで3度も道に迷いました。
そのうち家にも帰れなくなるんじゃないかとおびえ始めた小箱です。
30分余裕を持って行ったのに、時間に間に合わなくなりそうで冷や汗かいてしまいました。
そろそろ本気で東京の地図を持ち歩いた方がいいんでしょうか。
あ、ついでに駅の構内案内図もあるといいかも。
某駅では5番線の電車に乗れなかったら次の電車は13番線とか、
ケンカ売ってるとしか思えないんですけど。

時間の制約さえなければ迷ってもいいんですよ。
ちょっとしたスリルと運動が楽しめますから(笑)
でもやっぱり・・・ねぇ。なんとかしたいものです。

そんな思いをしてどこへ行ったかと言うと、図書館です。
(つまんないのはほっといて。笑)
《家ー図書館》なら何度も行ったことあるんですけど《予備校ー図書館》は初めてでした。
その結果見事に迷いまして、自民党本部やら参議院議長の公邸(?)の辺りをうろうろ。
警備員の妙な顔にもめげずにうろうろ。これを約20分。
やっぱりちょっとめげました。(笑)
駅にいったん戻って地図を見てからもう一度行ったら、今度は行けたのでその辺は良し。ってことにします。



はい、では今日の本題です。
図書館で少し不思議なことがありました。
本のコピーをとった帰りに、50代後半くらいの男性とすれ違ったんです。
紺地に黄色のラインが入ったジャージを着てました。
どこが不思議だったのかと言うと、顔が真っ赤なんです。
そして歩きながら厳しい顔で何やらつぶやいている。
私には「ちきしょう!負けた!ブツブツブツ・・・・」と聞こえました。
ただの不機嫌な人ですね。
ただの、と言うには随分恐ろしげな顔でしたけど。
その時は「うわ、どうしたんだろ」だけで、他には何も思いませんでした。

で、その30分くらい後に、またその人とすれ違ったんです。
その人がどうなってたかというと、
・・・今度は満面の笑みを浮かべていらっしゃいました。幸せそうに。
ちなみに1回目も2回目も手荷物はなし。
ポケットに入れていたか、どこかの席に置いてきたのかのどっちかでしょう。

ここで疑問。静かな図書館の中で何があったのか?
このおじさんは何をそんなに悔しがって、何に機嫌を直したのか。

私が考えたのはこんな感じ。
1、カウンターの綺麗なおねえさんに対応してほしかったのに、他の人に
   先に行かれて別の担当になっちゃった→次に行ったらそのおねえさんだった

2、パチンコで大負けしてから来たおじさんが、ギャンブル必勝法の本を見つけた

ベタですね?でも図書館って考えるとどうにも難しくて。
でも答えがない分広がりそうな予感もするし。
時間があったら考えてみるとおもしろいかもしれません♪
今日はちょっと謎解き風にお届けしました~(笑)



※お知らせ
 リンクさせていただいてる方のバナーを置かせていただきました。
 凛さん、助けていただいてホントにありがとうございました☆





昨日の記録
・予備校
・図書館で資料探し

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。