風茶屋
のんびり行きましょ、お茶でも飲んで。・・・と言いつつ、更新停滞中。すみませぬ。
プロフィール

小箱

Author:小箱
就職2年目の気まぐれ娘。
S県民になりました。

風茶屋のバナーです

風茶屋バナー byH×S塾長

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

仲良くして頂いてます♪

凛さん
美国日記(凛さん)

ももちぇさん
雲間からちゃっかりHACHIBEI
(ももちぇさん)

bobanさん
今日もロッベン・インパクト+
(bobanさん)

montaさん
御ニヤリ中毒(montaさん)

麻さん
ぐだぐだ日記(麻さん)

H×Sさん
魁!妄想塾(H×Sさん)

かずみさん
零れ落ちる花びら(かずみさん)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

止まった電車と笑顔のあのコ
時にはまじめなお話を。
いや、お話じゃなくてホントにあったお話・・・お話?あれ?
・・・実話なんですっ!(笑)でもいつも9割以上実話・・・あれ?(ドツボ)



今日、久しぶりに止まった電車に乗り合わせた。
なんでも線路に工事現場の足場が倒れ、線が切れたとのこと。
土曜だからか人も多くて、いきなり止まった電車にみながため息をついた。
電話をする人、メールを打つ人、本を開く人、人間観察を始める人。
することは違っても、考えてることと言えば「困った」「疲れた」「どうしよう」。
おそらくみな同じなのだろう。
アナウンスが入るたび、塵が積もって山となるように、たくさんの人のため息が重なって大きく聞こえる。
1時間もすると「疲れた」と言わんばかりの空気が充満していた。

そんな中。
アナウンスでいくつかの方面の人へ乗り換えの案内があった。
これから1つ前の駅に戻るから、何本か乗り継いで新幹線に乗るように、との指示。
明らかにほっとした空気が流れる。
と、同時に乗り換えの心配が出始める。
事実、乗り換える最中に駅の警備員を取り囲んで叱責する人たちがいた。
「こんなに遅れて。どうしてくれるんだ」
「改札なんかフリーにしちまえ」
「偉そうにしやがって。お前ら何様のつもりだ」
見ていて嫌になる光景だ。
必死で切符を捌いてくれてるのに。
追われて余裕をなくし、責任転嫁する姿というのは、他から見ると醜いものなんだな。
私もどこかでしているかもしれない。きっとしている。気をつけねば。

かく言う私もさすがに疲れた。
結局最初に電車に乗ってから2時間以上経っている。
足も肩も固まったように、機械的な動きを繰り返していた。
おそらく今知人に会っても笑えまい。
そんなことを考えながら人の列に並んだ時、声がした。



「ねぇーパパ、疲れたよー」


小さい女の子の声だった。今にも泣きそうだ。当然だろう。
一緒にいたお父さんが、 「そう、でもこれから新幹線に乗るんだよ。」と女の子をおんぶしている。
「え?普通の電車じゃないの?」
「そうだよ。ホントは新幹線は行く時だけだったんだけど、帰りも乗れることになっちゃった。ママに自慢しなくちゃね。」

女の子の声が1オクターブ上がる。
「ママに!そう、新幹線ってゆわなくちゃ!」

その笑顔の輝いてることといったら。
親子のやり取りを聞かずに目だけ向けていたなら、きっと何があったのかと不思議に思うに違いない。
それくらいガラリと変わっていた。

まだ幼い女の子が、長時間混雑の中にいて疲れるのは当然だ。
実際に泣いてる子だっていたのだから。
でも、その疲れて泣きそうな顔を変えたのは。
「ガマンしなさい」という押し付けではなく、嫌なことの中からその子の喜ぶ要素を見つけ出してあげたこと。
自然に元気が出るような言葉をかけた父親の理解と姿勢、そしてもちろん愛情なのだろうと思う。

社会の中では弱者にすぎない子ども。
もちろん子ども以外にもどこかで助けを必要とする人はたくさんいる。
加えて今の社会はだんだんと生きにくくなってるとも言われている。
でも、私もこの社会で生きる一員であるならば。
ほんの少しでもいいから、誰かを守れるような人になりたいと思う。

とりあえずは。
突然振り向いて目が合った笑顔のあの子に、ちゃんとした笑顔を向けることができていたか、それだけが気になる今の私なのだった。





昨日の記録
・予備校とその復習
・統計課題

やばっ!読み返したらめっちゃまじめー!(爆笑)←ぶち壊し。
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

言い方一つでこんなにも変わる、ってこと、よくありますよね。
心があったかくなりました。

それから、リンクの報告、ありがとうございました。
私の方でもリンク貼らせていただきました。
【2007/05/22 20:11】 URL | 麻 #- [ 編集]

麻さんへ
そうなんですよね。
見方を変えれば、嫌だと思っていたことも実は良いことになってしまうって結構あると思います。
自分で変えるのが難しければ、時には人の手を借りるのもアリですし。
あのお父さんだって、誰かに見方を変えてもらった事があるからこそ、できたことかもしれませんね。

リンクありがとうございました!
今後ともよろしくお願いいたします。
【2007/05/23 09:00】 URL | 小箱 #6wH.DH8I [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teahouse21.blog98.fc2.com/tb.php/25-03b1b58f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。