風茶屋
のんびり行きましょ、お茶でも飲んで。・・・と言いつつ、更新停滞中。すみませぬ。
プロフィール

小箱

Author:小箱
就職2年目の気まぐれ娘。
S県民になりました。

風茶屋のバナーです

風茶屋バナー byH×S塾長

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

仲良くして頂いてます♪

凛さん
美国日記(凛さん)

ももちぇさん
雲間からちゃっかりHACHIBEI
(ももちぇさん)

bobanさん
今日もロッベン・インパクト+
(bobanさん)

montaさん
御ニヤリ中毒(montaさん)

麻さん
ぐだぐだ日記(麻さん)

H×Sさん
魁!妄想塾(H×Sさん)

かずみさん
零れ落ちる花びら(かずみさん)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

ブログ内検索

最近のトラックバック

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防接種についてつらつらと。
友人の彼氏がはしかにかかって入院したそうです。
に、入院って・・・!!ひぇぇ。
大人になってからだと重くなるって聞きましたが、やっぱそうなんですね。
普通の風邪だと思って寝てたらいつの間にか湿疹ができてて、見舞いに行った友人ともども慌てたらしいです・・・。
いつの間にかって、大丈夫かいあんたたち。
一人暮らしだからかえって入院して良かったのかもですね。
一人だと食事だの洗濯だの大変だし。
友人も予防接種していなかったので、その後ワクチン残ってる病院探して接種受けたそうです。
患者と接触後3日以内じゃないと間に合わないらしく、大変だったみたいです。
もう報道でも大きく取り上げてませんけど、相変わらず首都圏の大学では休講が続いてるらしいですし。
関東圏以外にも感染が拡大してるそうなので、皆さんお気をつけくださいね。

私は小さい頃に予防接種済みなのでのほほんとしてます(笑)
年代的には副作用が問題になる少し前・・・辺りなのかな。
なのできっちりやりました。
注射は大っ嫌いだったのでよく泣いてた記憶があります。
歯医者の麻酔でさえ嫌がって、麻酔なしで歯を抜いたくらい・・・なのに。
予防接種だけは逃げられませんでした(当たり前)
あ、1回だけやってないのがあります。
日本脳炎の3回目、たぶん中学生の時。
学校でやるはずの日に風邪で休み、隣の学校に行ってやるはずだった予備日にも風邪で休み。
そうこうしてるうちにうやむやになっちゃいました。
同じ風邪じゃないのに、ぴったりその日に重なってましたからね。
まさか注射が嫌だからって体が自動的に風邪菌を取り込んだとか・・・!(笑)

予防接種は副作用があるからって言いますけど。
副作用とその感染症になるのどっちが怖いんでしょうね。
アレルギー持ちなので薬疹などはなったことありますけど、後ではしかやら破傷風やらになるリスクを冒すよりはまだいいような気がします。
副作用って言っても重いものもあるんでしょうから、一概には言えませんが。
うーん、難しいところですね。
私の場合、子どもには身体的に特別な危険性がなければ受けさせたいなと思います。
子ども産む予定も相手もいないんですけど(笑)
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

小箱さん はじめまして。
私の娘は3回目の日本脳炎予防接種をうけたばかりに、2年半経った現在でも見えない、食べれない、話せない、動けないの寝たきり状態が続いています。http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20050530ik08.htm
親は子供の健康を第一に考えているのに皮肉なものです。100万回に1回の確率なんて 判っていても他人事と思ってしまいますよね。
日本脳炎の予防接種について書かれているブログを見つけてはこんなグチコメントを書き込んでいるバカな親です。どうぞ気になさらないで下さい。
【2007/05/29 20:48】 URL | まさみ #- [ 編集]

まさみさんへ
コメントありがとうございます。
日本脳炎の予防接種問題の影響を直に受けられたのですね。
私の周りでは接種による副作用から重い病気になった例を聞かなかったこともあり、よく調べもせずに記事投稿してしまったことを反省しました。
100万回に1回という数字ですが、その1回の重さは測り知れないのですね。

子どもの健康を考えたからこその予防接種。
けれど予防接種したからこその副作用。
そのどちらをとるかは、親として苦悩するところなのだと思います。
日本脳炎の件に関しては予防接種の有効性はあるとされていますが、そのワクチンの質に問題があるようですね。
一刻も早い対応が望まれますし、自分が親になった時にどちらを選択するかは、その時々によって十分考えなければならないと思いました。
2年半に及んでいるまさみさんとご家族、そして何より娘さんの戦いは、私などには想像するにあまりある辛さと思います。
どうか娘さんの力になっていてあげてくださいね。
わざわざお越しいただき、また貴重なお話をありがとうございました。
グチコメントなんてとんでもないです。考えさせていただきました。
片田舎の小娘ではありますが、娘さんのご病状の1日も早い改善をお祈りしています。
【2007/05/29 23:04】 URL | 小箱 #6wH.DH8I [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://teahouse21.blog98.fc2.com/tb.php/28-d7c78095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。